ハートと男女

珍しい品物からオーソドックスなものまで内祝いを調査

贈り物の基本事項をチェック!

プレゼント

贈る気持ちを大切にする

結婚式にはご祝儀が贈られたり、祝っていただいたお礼に結婚内祝いを返したりします。社会人は様々な場面で贈答品を贈りますので、その場面やシーン別の贈答品の意味合いなどを確認しておくと気持ちを込めて贈れるでしょう。

READ MORE
内祝い

気になる値段

品物をもらった際には半返しすることができないと困ってしまったことがある人はいませんか。出産や結婚の内祝いの相場というものがあるので、確認しておくと安心です。必ずしも半返しでなくても良いと覚えておきましょう。

READ MORE
ギフト

見た目にもこだわろう

目上の人や同僚に結婚の祝儀を頂いた場合、金額も違ってくるので内容も変えることが可能です。その人が独身であればセンスの良いものが求められる傾向にありますが、パッケージをこだわることでセンスを発揮することも可能です。

READ MORE

最近の内祝いの傾向

男女

面白い贈り物がたくさん

オーソドックスな出産内祝いといえばタオルというイメージがあります。赤ちゃんが生まれた家として相応しい贈り物ですし、日常的に使うことができるため誰にも喜ばれます。
出産祝いでおむつケーキなども流行りましたが、最近では内祝いでも日常使いできて見た目が面白いものを贈るのが流行っています。

乾物も個性豊か

紅白のものを贈るのがお祝い事ではよくありますので、出産内祝いだとお餅やそうめん、お菓子などを紅白で揃えると見た目にも華やかです。
そうめんやうどんは乾物で長もちするのでとても人気があります。これに名入れや写真を添えるとより喜ばれます。出産内祝いではなく、結婚内祝いだとワインのように違ったものが贈られるため、シーンによって選びましょう。

内祝いでよく利用される品物一覧

タオル類

新しい生活が始まるという意味合いがあるため、タオルはよく使われます。タオルはしかも日常的に使うことが可能なので、老若男女幅広い世代に愛される品物です。ブランドのものだと使いごこちも良いので嬉しいという声があります。

お米

日本人の主食で、長らく置いていても腐ることがないのが特徴です。出産内祝いでは袋に赤ちゃんの写真を印刷して、赤ちゃんの出生時と同じ重さのお米を贈るという方法も今流行っていますが、結婚内祝いでもよく使われます。

嗜好品

家族がいる家庭にはお菓子、目上の人にはハムやワインなど、嗜好品は内祝いに最適です。こういったお祝い事でもないと購入できないようなお店のものを贈ると特に喜ばれます。贈る人は賞味期限に気をつけて贈るように心がけています。

洗剤やバス用品

お中元にもよくバスセットや洗濯用洗剤は贈られますが、こういったオーソドックスな日常使いできるものは内祝いには最適です。贈る家庭で使う洗剤を知っているならなおさらです。バス用品だと珍しいものでも喜ばれます。

カタログギフト

贈る品物を選ぶのは中々の重労働ですが、カタログギフトという形式ができてから贈り物に迷うことがなくなって便利になったという人もいます。出産や結婚それぞれのシーンによって違うカタログを用意している業者もあります。

失礼にならないか心配

人に物を贈るとき、一番心配なのが「失礼にならないだろうか」ということです。失礼にならないようにするためには、お祝いを頂いたときから二ヶ月以内に贈ることが一番大事ですが、品物の内容にも気をつけましょう。

結婚や出産の内祝いで気をつけたいコト

熨斗はどれでも良さそうなので適当に準備したい

熨斗には神道的な意味合いが含められているので、内祝いには必ず相応しいものを選ぶようにしましょう。描かれている水引きの形に「結び切り」や「蝶結び」がありますが、結婚は何度もするものではないので結び切りを選びます。

皆何を基準に内祝いを選んでいるの?

内祝いの特性を踏まえて感謝の気持ちを伝えることが第一です。そして、贈り物といえばやはり実用的、かつ目立つ、普段はあまり目にしないものを基準に選ぶと良いです。また、値段も忘れてはいけない検討材料といえます。