贈る気持ちを大切にする|内祝いの贈り方や話題の品物は要チェック【プレゼント情報満載】|Good Gift
ハートと男女

単なる作業になってしまわないように贈り物の意味を考える

もらったら返すという風習

日本を始め、韓国などの東アジア文化圏では、贈答の文化が共通しているといわれています。このため経済的にも贈答の分野が大きな売上を占めており、企業も様々な工夫をして販売をしています。しかし、贈り物をする時に大事なのはなによりも気持ちということを忘れないようにしましょう。

大人が最も多く贈り物をする場面ランキング

no.1

時候の挨拶

社会人になったらいつもお世話になっている人に贈り物をするのは当たり前のマナーだといえます。お盆や年の瀬になるとデパートでも贈答品が多く取り扱われます。季節ごとに贈るので、贈る機会も多くなるのは当然です。

no.2

お祝い事に贈る

結婚式や出産など、人生にはおめでたいことがあります。周囲の人にお祝い事がある場合、タイミングの良いときに贈るのがマナーとして最適です。お祝い事の場合、贈り物をもらった人に対してお返しをすることも多いです。

no.3

お見舞いや香典

慶事もあれば弔事もあります。そのため、最も贈り物をする場面といえばお葬式の際やお見舞いの際も数えられるのです。香典をもらった場合もお返しをすることもあるので、覚えておきましょう。贈るとタブーなものも多いです。

no.4

イベントに贈る

結婚祝いや出産祝い以外のお祝い事は、贈らなければマナー違反になるということは少ないです。親しい間柄だと贈り物をし合うので、気持ちを込めて贈り物を贈ることが大事です。バレンタインのプレゼントなどは自由度が高くなります。

no.5

お土産

初めて知人や上司の自宅を訪れるとき、手土産を持っていくと印象が良くなります。また、お詫びのために訪れる際にも手土産を持っていくという風習もあるのです。旅のお土産は仕事を休む場合に持参すると配慮を伝えられます。

贈る気持ちを大切にする

プレゼント

贈る意味を考えよう

日本では周囲の人との付き合いや社会での繋がりを大事にしますので、贈答品は欠かせないものになります。
結婚祝いをもらったらその人に対して結婚内祝いを贈るなど、贈ったら贈り返すという風習が最初は理解できないこともあるかもしれません。適したものや時期、熨斗のことなどを覚える前に、「なぜ贈るのか」ということを考えてみると面白いです。

結婚と時候の挨拶の違い

結婚する際には親戚や周囲の人が、食べものを持ち寄って食事をするのが通例です。そのためご祝儀などを持ち寄るのが基本となりましたが、結婚内祝いはその来てくれた人にお礼をするという意味合いが強くなります。
お祝いをもらったから贈るという意味合いも当初は薄く、「家でめでたいことがあったんです」という知らせとして贈っていたのです。

引き出物とは当初は違っていた

今では結婚披露宴があってそこでご祝儀をもらうことも多く、そのため引き出物を結婚内祝いとしています。しかし、ここで問題なのが、披露宴以外で結婚祝いをもらった場合です。この場合に結婚内祝いとして贈り物を贈る場面が発生します。
しかし、当初は引き出物と結婚内祝いは別という考え方もありました。単に前もって引き出物を配っているため、後からお返しする必要がないということなので注意しましょう。

半返しが基本

お祝い事なので、どんなものを贈っても良いだろうというわけではないので気をつけましょう。特に結婚内祝いのようなお祝い返しの場合は、「半返し」という基本があるのです。
頂いた品物や金額と同額のものを返してしまえば、「あなたの贈り物はいりません」という意味になってしまいます。